マイクロ発汗計 TPLシリーズ

マイクロ発汗計 TPL3520

いままでの発汗計は、高価であり、機械本体が重厚で気軽に使用できるものがありませんでした。マイクロ発汗計TPLシリーズは、発汗測定をもっと気軽に行っていただくため開発した簡易発汗計測システムです。

既製品の技術をベースにしているので、安価で提供できる
超小型温湿度ロガーの技術を基盤にしていますので、本体価格は10万円未満です。超小型温湿度ロガー(HT3)のユーザ様は、発汗センサヘッドのみ購入すれば、マイクロ発汗計として使用できます。

小型、軽量
センサ部と本体を含めても20g程度です。

シンプルで、使用環境に依存しない測定原理
従来の発汗計は使用環境の温度・湿度に依存するため、測定環境が変化すると測定値がずれてしまいます。TPLシリーズは、乾燥剤による乾燥空気が基準であり、センサ部は密閉されていて使用環境に依存しません。

精神性発汗から運動性の発汗まで、測定範囲が広い
いまの乾燥剤は性能が良く、吸湿性が高いので、汗が多い事例でも測定可能です。連続測定時間も、汗の量に依存しますが、半日〜1日は十分持続できます。

PCと接続したままでも、ロガーとしても使用可能
ロガーとして使う場合は、後処理でデータをPCにダウンロードします。

マイクロ発汗計 TPL3520 マイクロ発汗計 TPL3520 センサヘッド

マイクロ発汗計TPLシリーズは、いままでできなかった発汗測定が可能になり、これまで以上に正確な測定が行える可能性を秘めています。
発汗測定の入門機としてはもとより、多点測定の可能性など、お客様にあった使い方をぜひご検討ください。

発汗センサヘッドは、無線ロガーBL100に接続し、無線化も可能です。詳しくはBL100のページをご参照ください。

今後の周辺機器追加予定
・アナログ出力ボックス
・WiFi無線サーバ対応
・マルチレコーダMSHT16対応

マイクロ発汗計TPLシリーズ TPL3520 仕様

本体寸法 30x18x10mm 質量5g(ケース含)
電池 CR1220
メモリ 32,000データ
発汗センサヘッド 寸法 35x20mm 質量18g未満(乾燥剤使用時)
温湿度センサ Sensirion SHT71 または IST社製デジタルセンサ

マイクロ発汗計 TPL3520-AN

マイクロ発汗計TPL3520シリーズに、アナログ出力モデルが追加されました!

  • 液晶表示付。発汗量、温度、データ数の3パターン表示。
  • オプションで温度のアナログ出力も可能です。
  • 本体は耳式深部体温計DBTL-LCDと同じ基板を使用しています。
    データは内部メモリに自動的に保存されますので、後処理でデータのダウンロードすることができます(この場合はデジタル出力になります)。また、PCから切り離してコイン電池(CR2032)で駆動することも可能です。
  • 本体サイズ:57x36x18mm

マイクロ発汗計 TPL3520-AN

資料

マイクロ発汗計 TPLシリーズ 資料pdf(PDF 835KB)
(右クリックから対象をファイルに保存してください)


ページのトップへ