データロガー付携帯型発汗計 PPOS-01

データロガー付携帯型発汗計

PPOS-01は、おおよそスマートフォンと同じくらいの大きさの小型発汗計です。

  • 換気カプセル法の発汗計として、これまでで最小の大きさになるよう設計しました。
  • 電源は単三乾電池2本、重量は電池を含めて350グラムです。
  • 測定データは内部メモリに記録されますので、外部記録装置は必要ありません。
  • いままで測定が困難であった、アウトドアでの測定が可能になります。

*アナログ信号出力は付属しません。
*PCとUSB接続で、リアルタイム計測も可能。(オプション)
*データをダウンロードするため、別途、PCが必要です。

基本仕様

使用環境温度 15〜35℃(使用中に極力変動が無いこと)
使用環境湿度 40〜60%(使用中に極力変動が無いこと)
計測範囲 発汗量 0〜2mg/cm2/min
記録時間
および測定間隔
3時間、1秒に一回記録(固定)
プローブ長 900mm
測定面積 1cm2
本体寸法 W75xH35xD135mm
重さ 約350g(単三乾電池2個含)
機器構成 PPOS-01 1台、USBケーブル(A-ミニB)、
データ取り込み用ソフトウエア
オプション リアルタイム計測仕様(USBバスパワー)、
解析用ソフトウエア

測定実験

PPOS-01を使い、子供(8歳)で発汗測定を試みました。

PPOS-01装着状況
(写真1)

耳用体温ロガー装着状況
(写真2)


本体はズボンの尻ポケットに収納、プローブは胸に貼り付けています。(写真1)
同時に、耳用体温ロガー(DBTL-LCD)で耳内部の温度、および皮膚温も測定しました。 皮膚温センサは発汗計と同じく胸部に装着してます。(写真2)

測定結果
(図1)

測定結果
(図2)


正味30分で、近所を散歩して帰宅、アイスを食べてクールダウンするまでの結果です。(図1)

耳内部の温度と、皮膚温度の結果です。
皮膚温は、発汗がおさまるのに比例して温度低下するようです。
耳用のセンサは子供にはまだ大きいようで、固定が難しく上下動の動きが乗ってしまいますが、皮膚温に比べると大きな変化は無いようでした。(図2)

資料

データロガー付携帯型発汗計 PPOS-01 資料pdf icon (PDF 525KB)
(右クリックから対象をファイルに保存してください)


ページのトップへ