温湿度マルチレコーダ MSHTDL-16

超小型・高精度・低コストの16チャンネルレコーダ

温湿度マルチレコーダ MSHTDL-16

温湿度センサのほか、熱電対、熱流束センサ(江藤電気製)、またアナログ入力も可能!

弊社の発汗用センサのほか、直腸温センサ(グラム社製)も接続可能!

USB接続、SDカード対応を標準に、2.4GHz無線もオプションで可能です

MSHTDL-16は、温湿度測定のための超小型記録計(デジタルロガ)です。PCとUSB接続して温湿度のリアルタイムモニターとして使えるほか、PC接続なしでモバイルロガとして使うことも可能です。データはSDカードに保存され、表計算ソフトで読み出し可能です。USB接続、2.4GHz無線にそれぞれ専用ソフトウエアが付属しています。

センサ接続例
温湿度センサ、発汗センサなど、各種センサは混在できます。


特長

  • 小型サイズ
    16チャンネル入力で、120x54mm、厚みは20mm
  • 高精度・高分解能
    温度14ビット、湿度12ビット
  • 液晶表示機能付き
  • USBでPCとの接続が簡単
  • 記録媒体はSDカードを採用
    2Gバイトまで使用できます。ファイルフォーマットはCSV型式。
  • ハブの使用によって、複数台数を使用可能
  • 電源はUSBケーブルによるバスパワーのほか、USBモバイル電源を使い、ポータブルで使用できます。
  • 温湿度センサはSENSIRION社製 SHT71
    ケーブル長はご希望に応じて製作します。
  • モードの切り替えで、熱電対センサも使用可能です。別途、専用コネクタが必要です。
  • 2.4GHz無線化可能(オプション)

MSHTDL-16 基本仕様

測定項目 温度・湿度16ch
センサ Sensirion SHT71
測定範囲 温度−40〜85℃ 湿度0〜100%
測定分解能 温度0.01℃ 湿度0.01%
測定精度 温度±0.5℃ 湿度±3%
相対湿度安定性 年1%以内
記憶容量 SDカード 1Gで3000万データ
測定間隔 1〜240秒
インターフェイス USB
寸法 120x20x54mm

資料

温湿度マルチレコーダ MSHTDL-16 資料pdf icon (PDF 1,928KB)
(右クリックから対象をファイルに保存してください)


ページのトップへ